LIVE配信契約約款

株式会社R-project(以下「R-project」といいます。)と申込者(以下「配信者」といいます。)の関係は、以下に定める規定(以下「本約款」といいます。)に従うものとし、配信者が本約款に同意した上で契約を申込み、R-projectが承諾した時点で本LIVE配信契約申込書に基づく契約は成立します。

第1条(定義)

本約款における各用語の定義は以下のとおりとします。

(1)「配信者」とは、本約款に同意した上で契約を申し込み、R-projectが承諾した者であり、以下の条件を全て満たす者のことをいいます。

 ①次号に掲げる対象サービスに入会している者

 ②R-projectが管理している者

 ③割り振られた認証コードを次号に掲げる対象サービス内で入力し、R-projectが承認(以下「管理画面登録」といいます。)している者

④LIVE配信を実施する者

(2)「対象サービス」とは、R-projectが提供するライブストリーミング配信サービス「MixChannel」をいいます。

(3)「LIVE配信」とは、対象サービスにおけるライブストリーミング配信をいいます。

(4)「対象サービス規約」とは、対象サービス内において別途定める規約、ガイドライン、ポリシーその他の条件をいいます。

(5)「記述情報」とは、配信者が対象サービス内に登録、投稿、送信、表示、掲載した全ての情報をいいます。

第2条(本業務)

R-projectは、配信者に対し、以下各号の業務(以下「本業務」といいます。)を委託し、配信者はこれを受託します。

(1)対象サービス内におけるイベントの参加

(2)LIVE配信の実施

第3条(本業務の遂行)

  1. 配信者は、本約款に定める条件に従い、善良なる管理者の注意をもって本業務を遂行するものとします。
  2. 配信者は、R-projectに対し、R-projectの要求があり次第速やかに、本業務の進捗状況及び結果を報告するものとします。
  3. 配信者は、本約款で定める条件を遵守するものとします。
  4. 配信者が前項に違反した場合、管理画面登録を解除するとともに、配信者は、当該違反行為を直ちに停止し、また当該違反行為によりR-projectが被った一切の損害を賠償するものとします。

第4条(報酬)

  1. 配信者が本約款に従いLIVE配信を実施した場合、報酬が発生するものとし、R-projectは、配信者に対し次項以下に従い報酬(以下「報酬」といいます。)を支払います。
  2. 報酬の種類

  (1)報酬には次の種類があります。

 ①配信者のLIVE配信において、対象サービスで販売されMixChannelコインが使用され、それに応じて獲得されたポイント(以下「有料ポイント」といいます。)を基礎に算出される報酬(以下「配当」といいます。)

 ②配信者のLIVE配信において、対象サービスで配布されMixChannelコインが使用され、それに応じて獲得されたポイント(以下「無料ポイント」といいます。)を基礎に算出される報酬(以下「ボーナス」といいます。)報酬の算定方法は、配信者に次号以下で定める独占型又は非独占型のいずれの契約形態が適用されるかにより異なります。また、R-projectは、有料ポイント及び無料ポイントについて、1ポイントを1円で換算し、以下の表に記載の料率を乗じた報酬を支払うものとします。なお、ボーナスの料率は、R-projectにより一方的に変更されることがあります。

(2)独占型の契約形態(以下「独占型」といいます。)が適用される配信者(以下「独占型配信者」といいます。)は、本約款に基づく契約の有効期間中、R-projectの事前の承認を得ずして、対象サービス以外のプラットフォームにおいて、課金システムのあるライブストリーミング配信(名前、声等を変えて実施する場合や複数名で実施する場合も含まれ、以下「競業配信」といいます。)を行わないものとします。

報酬

独占型

非独占型

配当

ボーナス

配当

ボーナス

25%

5%

15%

4%

(3)配信者が独占型によらない契約形態を希望し、R-projectが承諾した場合、配信者には前号の義務を負わない非独占型の契約形態(以下「非独占型」といいます。)が適用されます。なお、R-project及び配信者が合意した場合は、独占型に移行できるものとします。

  1. 配信者のLIVE配信が第7条その他の本約款の定めに違反する場合、当該LIVE配信に係る報酬の算定から除くものとします。なお、18歳未満の配信者が、労働禁止時間帯前にLIVE配信を開始し、労働禁止時間帯中又は労働禁止時間帯後にLIVE配信を終了した場合は、労働禁止時間帯までのLIVE配信のみ報酬の支払い対象となるものとし、労働禁止時間帯中にLIVE配信を開始した場合は報酬の支払い対象にならないものとします。
  2. 配信者は、R-projectに対し、報酬の支払先として自己の日本国内の金融機関口座を登録するものとし、R-projectは報酬を当該金融機関口座に振り込むことにより支払うものとします。
  3. R-projectは、配信者により1ヶ月間に実施されたLIVE配信に対する報酬については配信月の翌々月末日までに支払うものとします。但し、配信者が本約款又は対象サービス規約に違反した場合その他R-projectが不適当と判断する場合には、R-projectが別途定める日に支払うことができるものとします。
  4. 前項の定めにかかわらず、R-projectは報酬の支払金額の累計が2,000円(消費税等を含む)未満の場合は、2,000円(消費税等を含む)に達した月の翌々月末日までに支払うものとします。

第5条(費用)

本約款において別段の定めがある場合を除き、前条に定める報酬は、本約款に関して配信者が負担する全ての義務の履行にかかる対価及び費用の一切を含むものとします。

第6条(ID、パスワード)

  1. 配信者は、R-projectが付与した対象サービスのID及びパスワード(以下あわせて「ID等」といいます。)その他登録情報を自己の責任で管理するものとし、R-projectはその管理に一切の責任を負わないものとします。
  2. 対象サービスにおいて配信者のID等が入力された場合、R-projectは当該配信者による利用とみなします。
  3. 配信者は、ID等の盗難や不正利用等の事実を知った場合、直ちにその旨をR-projectに通知するものとします。この場合において、R-projectから指示があった時は、これに従い対応するものとします。
  4. ID等の管理不十分、使用上の過誤、第三者による使用等により、配信者又は第三者に損害が発生した場合でも、その責任は配信者が負うものとし、R-projectは一切責任を負いません。また、ID等が不正に利用されたことにより、R-projectに損害が生じた場合、配信者は、R-projectに対しその損害を賠償するものとします。

第7条(禁止行為)

配信者は、対象サービスに関し、以下の行為を行ってはならないものとします。

(1)法律、法令、その他本約款に違反する行為又は違反のおそれのある行為

(2)労働基準法に違反する行為又は違反のおそれのある行為

(3)年少者による以下の時間帯のLIVE配信行為

・配信者が16歳未満の場合:20時から翌5時までのLIVE配信

・配信者が16歳から18歳未満の場合:22時から翌5時までのLIVE配信

(4)公序良俗に反するおそれのある行為

(5)犯罪又は犯罪を助長するような行為

(6)R-projectの許諾なく商用目的で利用する行為

(7)誹謗、中傷、虚偽情報、個人情報を流布することにより、特定個人及び団体に利益又は不利益をもたらす行為

(8)対象サービスが接続するサーバーに対し著しい負荷が及ぶ行為

(9)R-projectに対して、批判、暴言、脅迫等の行為を公の場(各SNSを含む)で行い、対象サービスの運営を妨害する行為やR-projectの利益を毀損する行為

(10)対象サービスが提供するシステムの全部又は一部を複製、改変、改ざんし、又は逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリング、その他内容を解析、解読する行為

(11)以下の情報を記述情報として記述する行為

 ①R-project又は他人の名誉又は信用を毀損するもの

 ②自己又は他人の生命又は身体の安全を害するおそれのあるもの

 ③グロテスク、児童ポルノその他残虐又はわいせつな表現を含むもの

 ④R-project又は第三者に対して差別、誹謗中傷若しくは嫌がらせをし、又はそれらを助長するもの

 ⑤特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権その他の他人の権利を侵害するもの

 ⑥コンピューターウイルス等の有害なプログラムを含むもの

 ⑦面識のない異性との出会い等を目的とするもの

 ⑧法令若しくは公序良俗に違反し、又はそれらのおそれのあるもの

 ⑨本約款若しくは対象サービス規約に違反し、又はそれらのおそれのあるもの

 ⑩その他R-projectが不適当と判断したもの

(12)対象サービス規約に違反する行為

(13)R-projectの従業員との連絡内容を第三者に開示又は公の場(各SNSを含む)において開示する行為

第8条(業務遂行上生じた第三者との紛争)

  1. 配信者は、本業務の遂行上生じた第三者との紛争(配信者による本業務の遂行に起因して本約款に基づく契約終了後に生じた紛争を含む)については、配信者の費用と責任においてこれを解決し、R-project及び第三者には一切迷惑、損害をかけないものとします。
  2. 配信者は前項の紛争解決の結果をR-projectに対して解決後速やかに連絡するものとします。

第10条(第三者の権利等)

  1. 配信者は、R-projectに対し、配信者の行為が、第三者の知的財産権その他の権利を侵害するものではないこと及び法令又は公序良俗に違反するものでないことを保証するものとします。
  2. 配信者の行為について、第三者の知的財産権その他の権利を侵害する又は法令若しくは公序良俗に違反すること等を理由として第三者から異議、主張、請求等(以下「異議等」といいます。)が生じた場合には、配信者は、自己の費用と責任においてこれを解決し、R-project及び第三者には一切迷惑、損害を与えないものとします。

第11条(損害賠償)

配信者は、本約款の定めに違反し、又は故意若しくは過失によりR-projectに損害を与えた場合には、その損害(弁護士費用及び訴訟費用を含む。)を賠償しなければならないものとします。

第12条(免責)

  1. 配信者の責めに帰すべき事由により、R-projectが取った措置の結果、配信者に損害が生じた場合も、R-projectは一切損害を賠償致しません。
  2. R-projectは、対象サービスの内容及び配信者が対象サービスを通じて入手した情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる責任も負わないものとします。
  3. 配信者は、法律の範囲内で対象サービスを利用するものとします。対象サービスの利用に関連して配信者が日本及び外国の法律に触れた場合でも、R-projectは一切責任を負いません。
  4. 本約款においてR-projectの責任について規定していない場合で、R-projectの責めに帰すべき事由により配信者に損害が生じた場合、R-projectは、配信者に対して直近の過去1ヶ月間に支払った報酬の総額又は1万円の大きいほうを上限として賠償します。
  5. R-projectは、R-projectの故意又は重大な過失により配信者に損害を与えた場合には、その損害を賠償します。
  6. R-projectは、対象サービスに関して、配信者同士又は配信者とその他の第三者との間で発生した一切のトラブルについて関知しません。したがって、これらのトラブルについては、当事者間で話し合い、訴訟等により解決するものとします。

第13条(配信者の義務)

  1. 配信者は、第4条の報酬等、本約款に基づく契約の内容及びR-projectから秘密である旨明示して開示された情報を第三者に開示しないものとします。
  2. 配信者は、他のLIVE配信実施者に対し、対象サービス以外でのライブストリーミング配信を勧誘する、引き抜きをする等のR-projectに対する背信行為やLIVE配信実施者を管理する事務所への勧誘行為を行わないものとします。なお、配信者が本項の義務に違反して他のLIVE配信実施者に対象サービス以外でのライブストリーミング配信を実施させた場合、同義務違反以前3ヶ月間にR-projectにおいて配信者及び当該他のLIVE配信実施者(以下あわせて「対象者」といいます。)に対して発生した費用又は同義務違反以前3ヶ月間の対象者の報酬のいずれか高い方の金額を損害として、配信者は賠償するものとします。
  3. 配信者が第4条第2項第3号の義務に違反して競業配信を行った場合、R-projectは未払いの報酬について支払義務を免れるとともに、配信者に対し500万円を上限として一契約期間中に支払済みの報酬全額の返金を請求できるものとします。
  4. R-projectに前2項で定める額を超える損害が発生した場合、R-projectは配信者に対して、その超過額の賠償も請求できるものとします。

第14条(契約期間)

本約款に基づく契約の有効期間は、契約開始日から1年間とします。但し、期間満了の2ヶ月前までに、R-project又は配信者のいずれからも相手方に対して別段の意思表示がなされない限り本約款に基づく契約の有効期間は自動的に1年間更新するものとし、以後も同様とします。

第15条(中途解約)

前条の規定にかかわらず、R-projectは、配信者に対して解約日の1ヶ月前までに書面で通知することにより、損害賠償責任その他の責任を負わずに本約款に基づく契約を解約することができるものとします。

第16条(解除)

  1. R-projectは、配信者が以下の各号のいずれかに該当する場合、催告その他何らの手続を要さず、直ちに本約款に基づく契約の全部又は一部につき、履行を停止し又は解除することができるものとします。なお、当該解除は配信者に対する損害賠償請求を妨げるものではありません。
  1. 健康上の理由その他の理由によって、配信者が本業務を遂行することが不可能又は著しく困難となったとき
  2. 著しい不品行があったとき
  3. R-projectの名誉、信用を毀損するなどR-projectに対する著しい背信行為を行ったとき
  4. 本約款に違反したとき
  1. 配信者は、自己が前項各号のいずれかに該当した時、R-projectに対する本約款に基づく全ての債務につき当然に期限の利益を失い、直ちに当該債務全部を弁済しなければならないものとします。

第17条(存続条項)

本約款に基づく契約が期間満了、解除その他の事由により終了した場合であっても、第3条第4項、第6条第4項、第7条、第8条乃至第12条、第15条1項尚書、第16条乃至第22条の各規定は、なおその効力を有するものとします。

第18条(反社会的勢力との取引排除)

  1. R-project及び配信者は、それぞれ相手方に対し、以下の各号の事項を確約します。

(1)自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)ではないこと

(2)反社会的勢力と次の関係を有していないこと

①自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的、又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用していると認められる関係

②反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与している関係)が、反社会的勢力ではないこと、及び反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと

(3)自らの役員(取締役、執行役、執行役員、監査役、相談役、会長その他、名称の如何を問わず、経営に実質的に関与している者をいいます。

(4)反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本約款に基づく契約を締結するものでないこと

(5)自ら又は第三者を利用して本約款に基づく契約に関して次の行為をしないこと

①暴力的な要求行為

②法的な責任を超えた不当な要求行為

③取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

④風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為

⑤その他前各号に準ずる行為

  1. R-project又は配信者の一方について、以下のいずれかに該当した場合には、その相手方は、何らの催告を要せずして、本約款に基づく契約を解除することができるものとします。
  2. 前項の規定により本約款に基づく契約が解除された場合には、解除された者は、その相手方に対し、相手方の被った損害を賠償するものとします。

(1)前項第1号乃至第3号の確約に反する表明をしたことが判明した場合

(2)前項第4号の確約に反し契約をしたことが判明した場合

(3)前項第5号の確約に反した行為をした場合

4.第2項の規定により本約款に基づく契約が解除された場合には、解除された者は、解除により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行わないものとします。

第19条(譲渡禁止)

配信者は、R-projectの書面による事前の承諾なしに、本約款に基づく契約上の地位又は本約款に基づく契約から生じる権利若しくは義務の全部又は一部を譲渡し、引き受けさせ、担保に供し、その他処分してはならないものとします。

第20条(約款の変更)

R-projectは、変更の内容及び変更の時期を周知することにより、本約款を変更することができるものとし、本約款を変更した場合、料金、その他のサービスに関する一切の事項は変更後の約款を適用するものとします。

第21条(協議)

本約款に定めのない事項又は本約款に関して疑義の生じた事項については、R-project及び配信者は互いに誠意をもって協議し、これを解決するものとします。

第22条(準拠法及び裁判管轄)

  1. 本約款は、日本法を準拠法とします。
  2. 本約款に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第23条(完全合意)

本約款は、書面、口頭、電子的その他方法を問わずR-projectと配信者との間で本約款に基づく契約締結以前になされた本約款に規定する事項についての一切の合意、意思表示、表明及び通知に取って代わるものとします。

以上

上記の契約書類をダウンロード保存が可能ですので、ボタンをクリックしダウンロードして下さい。